相続、遺言書作成、横浜市、旭区の専門家、行政書士ツヅラヌキ事務所

限定承認


限定承認とは、プラスの財産とマイナスの財産があった場合に、

プラスの財産の限度においてマイナスの財産も相続し、
それ以上のマイナスの財産を相続しない方法
です。


限定承認にも、いくつか条件があります。
相続人が相続開始を知った3ヶ月以内に、

家庭裁判所に限定承認の申述をしなければならない
こと。


また、相続人が複数いる場合は、相続人全員が一致する必要があります。
もしも3ヶ月を超えてしまった場合は、
原則としてプラスの財産も、
マイナスの財産もすべて相続する
「単純承認」をしたとみなされます。

 


 
安心、納得!相続の無料相談はこちらから!

お問い合わせ:045-951-5189