相続、遺言書作成、横浜市、旭区の専門家、行政書士ツヅラヌキ事務所

相続放棄


相続とは、亡くなった方の権利関係を相続人が引き継ぐことです。

相続放棄
とは、被相続人の残した財産や借金を引き継ぐ権利がある相続人が、
それら財産や借金の
相続を「引き継ぎません」と宣言することです。
相続放棄は相続開始を知った
3ヶ月以内に家庭裁判所に申述します。


「不動産」や「現金」「株式」「自動車」などの財産もあれば、借金などの財産も存在します。
借金のみならず、
損害賠償請求権や損害賠償責任も相続の対象になります。
一般的に借金だけを相続して損はあっても得はしないので、
それを相続すること自体を放棄することが可能です。


ただし、条件がいくつかあります。
前述の通り、
相続人は相続開始を知った3ヶ月以内に、
家庭裁判所に相続放棄の申述
をしなければなりません。



相続人が複数いる場合は、
一部の人だけが放棄することも可能ですし、
全員放棄というのも可能です。
ただし、相続では
「これは相続するけど、これは相続しない」ということは
原則できません。

「すべてを相続するか」「すべてを相続放棄するか」
しかないのです。


ですから、どんなに遅くとも3ヶ月以内には
「相続財産額がプラスなのかマイナスなのか」

確認できる調査をしなければいけません。


 


 
安心、納得!相続の無料相談はこちらから!

お問い合わせ:045-951-5189