相続、遺言書作成、横浜市、旭区の専門家、行政書士ツヅラヌキ事務所

不動産の名義変更

行政書士 葛籠貫洋一 ここでは、不動産の名義変更について説明します。

法務局には、
その不動産が誰のものであるか、担保などがついているかどうかを記載している登記簿
があります。

相続が起こった場合、被相続任名義の不動産登記簿を、相続人名義に変更する手続をしなくてはなりません。

ここでは、不動産の名義変更と、相続した不動産の売却についてご説明いたします。


不動産の名義変更

※不動産登記簿の被相続人名義の不動産登記簿を、相続人名義に変更する
 手続の大まかな流れをご説明いたします。
 登記に必要な書類についてもまとめてありますので、こちらをごらんください。
 

相続した不動産の売却

※相続した不動産は相続登記が完了していないと売却できません。
 登記を完了させるためには、法定相続人全員を確定しなければ
 なりません。
 相続した不動産の売却は、税金の特例等の対象になる場合が
 がございますので、行政書士などの専門家にご相談することを
 オススメいたします。

 
 
 
安心、納得!相続の無料相談はこちらから!

お問い合わせ:045−951−5189