相続、遺言書作成、横浜市、旭区の専門家、行政書士ツヅラヌキ事務所

遺言書の作成


行政書士 葛籠貫洋一 ここでは、遺言書の作成について説明します。

被相続人が死亡した際に、その財産などの分割について決めるなどの法的に拘束力のあるメッセージを残すことができます。これを遺言書といいます。

遺言書には、種類や、法律で定められた書き方がございますので、せっかくの遺言書が無意味なものにならないように、こちらでご確認ください。

ここでは、3つの遺言書、遺言書の書き方、遺言書のメリットについてまとめてあります。



3つの遺言書

※遺言書には、「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3種類が
 あります。それぞれについて、メリット・デメリットをまとめましたので、
 状況に合った遺言書の選択にお役立てください。
 どの遺言書を選んで良いか分からない場合は、私達専門家が親身に相談に
 のりますので、是非、お気軽にご相談ください。
 

遺言書の書き方

※遺言書は、それぞれが、法律で書き方が定められています。
 万が一、遺言書に不備があった場合、無効になってしまいます。
 ここでは、自筆証書遺言と公正証書遺言の書き方についてまとめました。
 

遺言書のメリット

※遺言を残すとどのようなメリットがあるのでしょうか。
 実は、遺言には、残された人たち、残した財産に関するトラブルを防ぐ
 メリットがあります。 こちらにまとめましたので、ご確認ください。


 遺言書は、種類も多くあり、また、法律で定められた書き方がございます。
 内容に不備があったりなど、万が一の場合は無効になってしまいます。
 少しでも、不安に思ったら、私達専門家にご相談ください。
 
 
 
安心、納得!相続の無料相談はこちらから!

お問い合わせ:045−951−5189