行政書士 ツヅラヌキ事務所

行政書士ツヅラヌキ事務所は相続、遺言書作成、横浜市、旭区の専門家です

遺産分割(遺言書あり)

遺言は、被相続人の意思を表すものとして尊重されています。そのため、遺言書は法定相続に優先し、遺言書に記載された内容に従って遺産分割を行います。
被相続人は、遺言書を残すことで自分の財産を自由に分割できますが、相続人に対しては最低限の財産(遺留分)を残すよう定められています。これを「遺留分制度」といいます。
遺産分割のポイント
  • 遺言書に記載された内容に従って遺産分割する
  • 配偶者や子には最低限の財産(遺留分)が認められている

遺産分割協議(遺言書なし)

遺言書が無い場合は、相続人同士で遺産分割協議に入ります。協議による遺産分割は、相続人全員の同意が必要です。 遺産分割協議が全員一致でまとまったら、遺産分割協議書を作成します。
遺産分割協議がまとまらなかった場合は、家庭裁判所に遺産分割の調停の申立を行います。 相続人同士の協議により調停で成立すれば調停調書が作成され、これに則って遺産分割を行います。 調停でも成立しなかった場合は、審判により決定された分割に従うことになります。
遺産分割協議のポイント
  • 遺産分割協議がまとまれば、遺産分割協議書を作成する
  • 遺産分割協議がまとまらなければ、家庭裁判所での調停・審判を仰ぐ
遺産分割協議書の作成はこちら

財産の名義人の変更

遺産分割により相続する財産が決まったら、その財産を自分の名義に変更する手続きを行います。 土地建物などの不動産や預貯金、株式、借地権や借家権、自動車、ローンなど、財産の種類に応じて手続きとその方法はさまざまです。
預貯金の場合
手続き名義変更
手続きの届け先預貯金先の金融機関
必要書類依頼書・預金通帳など
株式の場合
手続き相続による所有権移転登記
手続きの届け先不動産の所在地の法務局 土地(建物)所有権移
必要書類転登記申請書・固定資産税評価証明書など
借地権・借家権の場合
手続き名義変更
手続きの届け先地主・家主
必要書類相続人の印鑑証明書
自動車の場合
手続き移転登録
手続きの届け先陸運支局
必要書類移転登録申請書・自動車検査証・自動車損害賠償責任保険証など
ローンの場合
手続き名義変更
手続きの届け先銀行などローン契約の債権者
必要書類相続人の所得証明(源泉徴収票・確定申告書)など

相続税の申告・納付

相続によって財産を取得すると、その財産に応じて相続税がかかります。 ただし、すべての人が相続税を納めるというわけではありません。
相続税には3,000万円+600万円×法定相続人の数までの基礎控除があります。 この基礎控除分よりも取得した財産が少なければ相続税はかからず、多ければ相続税を納めることになります。
相続税の申告・納付のポイント
  • 相続税はすべての相続にかかるとは限らない
  • 相続財産の正味額が基礎控除額(3,000万円+600万円×法定相続人の数)より多い場合に申告・納税が必要