行政書士 ツヅラヌキ事務所

行政書士ツヅラヌキ事務所は相続、遺言書作成、横浜市、旭区の専門家です

遺産相続が発生した場合、亡くなった方が所有していた不動産等は相続人に承継されますので、 名義変更(相続登記等)を行う必要があります。そのまま放っておくと、2次3次の相続が発生し相続人が増えた場合など手続きに 協力してもらえない等で手続きが煩雑になったり、トラブルになるケースも少なくありません。
ご不安な点、ご不明な点があれば、お早めに当事務所にご相談ください。
相続手続が簡単に!!

平成29年5月29日から,全国の登記所(法務局)において,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」 が始まり、相続手続が簡単になりました。

相続の流れ

遺言書の作成はこちら

相続人について

相続人の範囲は民法で決められており、大きく分けて「血族相続人」「配偶者相続人」があります。その定められた範囲の人だけが相続人となります。それ以外の人は相続人にはなれません。配偶者は常に相続人(戸籍上の配偶者に限る)になります。

相続人と呼ばれるのは、以下の4つの親族です。また、親族のなかで優先順位が設定されています。

配偶者夫もしくは妻
第1順位子(実子・養子 ・胎児)若しくは代襲者
第2順位第1順位の血族がいない場合、直系尊属 (父母→祖父母と親等が近い順)
第3順位第1順位及び第2順位の血族もいない場合、兄弟姉妹若しくはその代襲者
相続の対象になる財産
  • 預貯金・現金などの金銭
  • 株式
  • 土地建物などの不動産
  • 借地権・借家権
  • 相自動車・家具などの動産
  • ローン・借金などの債務
詳しく知りたい方はこちら

行政書士 ツヅラヌキ事務所