行政書士 ツヅラヌキ事務所

行政書士ツヅラヌキ事務所は相続、遺言書作成、横浜市、旭区の専門家です

産業廃棄物の申請書類等の様式や添付書類については、各自治体により若干異なっております。
また、事業者(申請者)の事務所を管轄する申請窓口も各自治体により異なる場合もございますので、当事務所にお問い合わせいただければ速やかに対応させていただきます。

産業廃棄物許可申請

産業廃棄物収集運搬業許可(積替え・保管を除く)申請とは

産業廃棄物の収集運搬を業として営むためには、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づき、申請者の事務所(本社、支店等)を所管する知事または市長等の許可が必要となります。
横浜市や川崎市、横須賀市、東京都等、神奈川県以外の地域に収集運搬事業(廃棄物を積む場所と積卸す場所が異なる)を行う場合にはそれぞれの自治体の市長や知事の許可が必要となります。

産業廃棄物収集運搬の許可の種類
新規許可申請新たに産業廃棄物の収集運搬を行う場合
更新許可申請既に産業廃棄物の収集運搬業の許可を取得している事業者で、引き続き同じ事業を行う場合、許可は5年ごとに更新しなければなりません。
また、なるべく有効期限の2ヶ月前までに申請をするよう求められております。
変更許可申請既に許可を受けている場合、取扱う産業廃棄物の種類の変更または追加等が発生した場合
その他の申請役員の変更、車両の変更等が発生した場合に変更届出書が必要となります。

産業廃棄物の種類

産業廃棄物とは事業活動に伴って生ずる廃棄物のうち、次の20種類をいいます。
あらゆる事業活動に伴うもの燃え殻
汚泥
廃油
廃酸
廃アルカリ
廃プラスティック類
ゴムくず
金属くず
ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁
鉱さい
がれき類
ばいじん
排出する業種が限定されるもの紙くず
木くず
繊維くず
動物性残さ
動物系固形不要物
動物のふん尿
動物の死体
上記19種類の産業廃棄物を処分するために処理したもので、これらの産業廃棄物に該当しないもの
一般廃棄物
  • 事業所、商店街等から出る紙くず、ダンボール、梱包材、パレット、茶殻等の雑ごみ
  • 飲食店、従業員食堂から出る残飯、厨茶類
  • 卸小売業から出る野菜くず等、魚介類等

廃棄物の申請手数料

新規更新
産業廃棄物8.1万円7.3万円
特別管理産業廃棄物8.1万円7.4万円
※申請代行手数料は含まれておりません。
※上記の申請に関しては、法律の改正あるいは、申請する自治体により異なる場合があります。

行政書士 ツヅラヌキ事務所